入れ歯は歯科医師しだい?快適な入れ歯を作るために

入れ歯治療が必要になったら?
入れ歯専門医がおすすめの理由

入れ歯専門医とは?豊富な知識と技術力でさまざまなケースに対応

入れ歯専門医とは、入れ歯治療を専門にしている歯科医師のことです。入れ歯専門医は、学会や研修会がそれぞれ入れ歯専門医として認めているものであり、一種類ではありません。
しかし、入れ歯専門医とホームページ等に記載されている医院や歯科医師は、入れ歯の知識や技術を豊富に持っていることが多く、選択する際の一つの目安になると思われます。

初めて入れ歯を作る方へ。入れ歯に関する不安を解消
専門医だから知っている患者の悩みや不安、入れ歯を使用していく上で起こるトラブルなど

入れ歯専門医は、過去に入れ歯治療を多数行っているケースが多いです。従って、入れ歯に悩む患者さんが、どのようなことに困っているのかをよく理解しています。
また、入れ歯を長く使っている中でどのようなトラブルが起こりがちなのかとよく知っています。従って、その豊富な経験を元に適切な提案や治療ができると考えてよいでしょう。

義歯が痛いのは間違い?正しいかみ合わせで作れば快適

患者様の中には義歯・入れ歯は痛いもので我慢して使うものだと考えている方もいらっしゃいます。あるいは痛みを和らげるために、入れ歯安定剤を使用しなければならないものと考えている方もいらっしゃいます。しかし、本来、正しいかみ合わせが実現できるぴったりとした入れ歯を作れば、痛みがない快適な入れ歯にできます。

入れ歯のイメージ払拭。
実用的で審美性にすぐれた入れ歯

インプラント治療と入れ歯を比較
見た目・使い心地・寿命・価格など入れ歯のメリットについて

インプラント治療と入れ歯を比較するとそれぞれメリットとデメリットがあります。
インプラント治療のメリットは、隣の歯とは関係なく、1本の独立した歯を作ることができるので、自分の歯のように使うことができることです。しかし、デメリットとしては保険が適用できないこと、外科処置を伴うこと、一度手術をすると、やり直しはできないことなどがあげられます。
入れ歯治療のメリットは、時間をかけてぴったりとした入れ歯を作り上げることができることです。入れ歯が合わない場合も、修正をしながら直すことができます。
デメリットは、やはり人工物を口の中に入れますので、一定の違和感が存在することです。

入れ歯と気づかれない?自分の歯のような義歯

入れ歯は、隣の歯にかける針金のような金属部分などが外から見えることがあり、見た目がよくないことがあります。しかし最近は、入れ歯とはわからないような自然な入れ歯も開発されてきています。例えば、金属部分を強化プラスチックで作成するものや、入れ歯自身の色をその人の歯ぐきと似通った色にすることで自然な見た目に作ることができます。

総入れ歯でも快適。部分入れ歯と入れ替えるタイミングはいつ?

最近は総入れ歯でも、BPS義歯と呼ばれる精密な義歯が出てきています。
部分入れ歯を長期にわたって使用していると、残っている歯がぐらついてきて、部分義歯が使いにくくなってきます。
残りの歯の状態によっては、残っている歯を抜いて、総入れ歯にした方が快適な食事ができることもあります。
歯科医師と相談の上、決めましょう。

入れ歯の寿命は?
長く使用するためのケア

歯周病や口臭予防。入れ歯を衛生的に保つ方法

入れ歯を衛生的に保つことは、歯周病や口臭予防をする上で重要です。
日々の薬剤を用いた洗浄と、定期的な来院において、定期検診、歯のクリーニング、義歯の洗浄を適切に受けるようにしましょう。

定期的な検診でトラブルを未然に防ぐ

入れ歯を長期的に使用するためには、定期検診に通院いただくことが重要です。
残っている歯のクリーニング、歯石除去を行うとともに、使用中の入れ歯の調整を行い、常に口の中の状態に合うようにしておきます。これにより、未然にトラブルを防ぐことができます。