投稿者「crecer_admin」のアーカイブ

入れ歯・ブリッジ比較
抜歯後の治療について

入れ歯・ブリッジ・インプラント比較
あなたに合った治療法は?

入れ歯のメリット・デメリットについて

入れ歯のメリットは、基本的にはどのような歯の状態でも、作製、治療ができることがあげられます。また取り外しができることによって、清掃が簡単にできることがあげられます。

デメリットは、針金を横の歯にかけて固定することで、隣の歯に負担がかかってしまうことがあげられます。

ブリッジのメリット・デメリットについて

ブリッジのメリットは固定式のかぶせ物で治療を行うことで、比較的自分の歯と同じように使うことができます。

デメリットは健康な歯を削る必要があること、3本のブリッジの場合、2本のはで3本分の力を支えることになりますので、どうしても歯の負担が大きくなります。

インプラントのメリット・デメリットについて

インプラントのメリットは最も自分の歯と同じような感覚で使用できることがあげられます。

デメリットは保険適用ではないため、費用がかかってしまうことです。

入れ歯も進化している。最新入れ歯を紹介

金属アレルギーでも安心。バネのない入れ歯

バネのない入れ歯というのは、実際にはバネはあるのですが、バネの部分を金属ではなく、強化プラスチックで作成することで、目立たないように作成した入れ歯のことです。

ノンクラスプデンチャーという言い方をすることもあります。

見た目もきれい。マグネット式義歯

マグネット式義歯というのは、入れ歯の下の部分に磁石を取り付けたものになります。また、歯ぐきの上の数か所にも磁石を取り付けます。そうすると、入れ歯を入れた時に固定され、動きにくくなります。

なお、この磁石は人体に影響がないことが報告されています。

天然歯により近い入れ歯。精密レジン床義歯

精密レジン床義歯とは、保険の入れ歯のような一般的な入れ歯を作る工程よりもさらに多い工程で入れ歯をより精密につくる方法です。

例えばお口の型どりなどもより精密に型どりすることでぴったりとした痛くない入れ歯を作る方法があります。

BPSデンチャーと呼ばれるものが、精密レジン床義歯の種類と言えます。

長く健康に使用するために。入れ歯のメンテナンスについて

お口の健康維持が入れ歯を長く使うこつ。

入れ歯を長く使うためには、できるだけ残った歯を維持することが大切です。

残った歯が虫歯になったり、抜いたりすると、今の入れ歯が使えなくなってしまうからです。

そのためには、日々の自宅でのケア、歯みがきと、医院での定期的な健診、歯のクリーニングを受けていただくことが必要です。

口やあごの骨の形は日々する。入れ歯は定期的な調整が必要

歯がない部分の歯ぐきは徐々に痩せてくる傾向があります。歯ぐきの形が変わってくると、入れ歯が徐々に合わなくなってきます。

当院ではそのような場合には、入れ歯の修理を行い、また安定した入れ歯として使えるようにしています。(入れ歯の修理は費用が別途かかります。)

入れ歯は歯科医師しだい?快適な入れ歯を作るために

入れ歯治療が必要になったら?
入れ歯専門医がおすすめの理由

入れ歯専門医とは?豊富な知識と技術力でさまざまなケースに対応

入れ歯専門医とは、入れ歯治療を専門にしている歯科医師のことです。入れ歯専門医は、学会や研修会がそれぞれ入れ歯専門医として認めているものであり、一種類ではありません。
しかし、入れ歯専門医とホームページ等に記載されている医院や歯科医師は、入れ歯の知識や技術を豊富に持っていることが多く、選択する際の一つの目安になると思われます。

初めて入れ歯を作る方へ。入れ歯に関する不安を解消
専門医だから知っている患者の悩みや不安、入れ歯を使用していく上で起こるトラブルなど

入れ歯専門医は、過去に入れ歯治療を多数行っているケースが多いです。従って、入れ歯に悩む患者さんが、どのようなことに困っているのかをよく理解しています。
また、入れ歯を長く使っている中でどのようなトラブルが起こりがちなのかとよく知っています。従って、その豊富な経験を元に適切な提案や治療ができると考えてよいでしょう。

義歯が痛いのは間違い?正しいかみ合わせで作れば快適

患者様の中には義歯・入れ歯は痛いもので我慢して使うものだと考えている方もいらっしゃいます。あるいは痛みを和らげるために、入れ歯安定剤を使用しなければならないものと考えている方もいらっしゃいます。しかし、本来、正しいかみ合わせが実現できるぴったりとした入れ歯を作れば、痛みがない快適な入れ歯にできます。

入れ歯のイメージ払拭。
実用的で審美性にすぐれた入れ歯

インプラント治療と入れ歯を比較
見た目・使い心地・寿命・価格など入れ歯のメリットについて

インプラント治療と入れ歯を比較するとそれぞれメリットとデメリットがあります。
インプラント治療のメリットは、隣の歯とは関係なく、1本の独立した歯を作ることができるので、自分の歯のように使うことができることです。しかし、デメリットとしては保険が適用できないこと、外科処置を伴うこと、一度手術をすると、やり直しはできないことなどがあげられます。
入れ歯治療のメリットは、時間をかけてぴったりとした入れ歯を作り上げることができることです。入れ歯が合わない場合も、修正をしながら直すことができます。
デメリットは、やはり人工物を口の中に入れますので、一定の違和感が存在することです。

入れ歯と気づかれない?自分の歯のような義歯

入れ歯は、隣の歯にかける針金のような金属部分などが外から見えることがあり、見た目がよくないことがあります。しかし最近は、入れ歯とはわからないような自然な入れ歯も開発されてきています。例えば、金属部分を強化プラスチックで作成するものや、入れ歯自身の色をその人の歯ぐきと似通った色にすることで自然な見た目に作ることができます。

総入れ歯でも快適。部分入れ歯と入れ替えるタイミングはいつ?

最近は総入れ歯でも、BPS義歯と呼ばれる精密な義歯が出てきています。
部分入れ歯を長期にわたって使用していると、残っている歯がぐらついてきて、部分義歯が使いにくくなってきます。
残りの歯の状態によっては、残っている歯を抜いて、総入れ歯にした方が快適な食事ができることもあります。
歯科医師と相談の上、決めましょう。

入れ歯の寿命は?
長く使用するためのケア

歯周病や口臭予防。入れ歯を衛生的に保つ方法

入れ歯を衛生的に保つことは、歯周病や口臭予防をする上で重要です。
日々の薬剤を用いた洗浄と、定期的な来院において、定期検診、歯のクリーニング、義歯の洗浄を適切に受けるようにしましょう。

定期的な検診でトラブルを未然に防ぐ

入れ歯を長期的に使用するためには、定期検診に通院いただくことが重要です。
残っている歯のクリーニング、歯石除去を行うとともに、使用中の入れ歯の調整を行い、常に口の中の状態に合うようにしておきます。これにより、未然にトラブルを防ぐことができます。

入れ歯とインプラント比較!自分のライフスタイルにあった治療法

インプラントと入れ歯はどちらが良い?
抜歯後の治療

入れ歯のメリット・デメリットとは?

入れ歯のメリットは、インプラントと比較して治療に失敗するリスクが少ないことです。お口の状態に合うように作っていきますので、最終的にはお口に合う入れ歯を作ることができます。

デメリットは、部分入れ歯の場合、残っている歯に金属の留め金をかけますので、その歯に負担をかけることになります。

ブリッジのメリット・デメリットとは?

ブリッジのメリットは、人工の歯を固定して装着しますので、比較的、自分の歯と同じような使い方ができることです。

デメリットは、残っている歯を削ってかぶせる必要があることと、2本の歯で3本分の歯にかかる力を支えますので、残っている歯に負担をかけることです。

インプラントのメリット・デメリットとは?

インプラントのメリットは、自分の歯と全く同じような使い方ができることです。また見た目も天然の歯と同じような見た目になります。

デメリットは外科処置を伴うことと入れ歯やブリッジと比較して費用がかかることです。

入れ歯とインプラントはどちらがおすすめ?
自分にあった治療法

体への負担を少なくするなら入れ歯がおすすめ

インプラントは必ず手術を行う必要があります。体への負担があると言えます。また、インプラントの場合、一度手術を行ってしまうと、治療のやり直しをすることができません。

入れ歯は、自分の歯に合うように手直しをしながら作ることできますので、失敗をしてしまうリスクが低いと言えます。

利便性や快適さを求めるならインプラントがおすすめ

入れ歯はどんなにぴったりとしたものを作っても一定の違和感を全く無くすことができません。インプラントは殆ど自分の歯と同じような感覚で食事ができますので、最も快適な感覚を得られると言えます。

きれいで健康な歯を保つには?
定期的に検診

いつまで使える?入れ歯やインプラントの寿命

入れ歯もインプラントも人工物ですので、一度治療したからと言って、一生涯利用できるものではありません。

また、使い方やメンテナンスによっては、すぐにダメになってしまうこともあれば、数十年使用し続けることもできます。

従って、医院が指定する定期検診を必ず受診することが大切です。

お口のトラブルを回避するには?かかりつけ医で検診

お口の中の状態は日々変化しており、一度よい入れ歯を作ったとしても、その後合わなくなることがあります。また、残っている歯をできるだけ健康な状態で維持することが大切です。そのためには定期的な口腔内のクリーニングを行う予防歯科を受診することが必要です。つまり定期検診を必ず受診することが、治療を再度受けないようにするための方法と言えます。

入れ歯安定剤とは?

入れ歯安定剤の役割からメリット・デメリットを紹介

入れ歯安定剤の役割とは?入れ歯を固定するためのもの

入れ歯安定剤の役割は、入れ歯が合わずにぐらついてしまうとき、痛みが発生するときに、そのぐらつきや痛みを緩和させるための、柔らかい固形状のジェルのようなものです。

ある程度、粘着するので、入れ歯が合わない場合でも緩衝材の役割を果たし、歯茎と入れ歯を固定させることができます。

噛む力が強くなる?入れ歯安定剤のメリットについて

入れ歯安定剤を使用することで、使用しないよりもしっかりとかめるようになります。このことにより、より強く噛めるというメリットがあります。

歯茎への影響はある?入れ歯安定剤のデメリットについて

入れ歯安定剤を使用してかめるようになったとしても、それは実際には合っている入れ歯を入れているということにはなりません。

従って、安定剤を常に使用する必要性がありますので、一時的に使用するものと考え、基本的にはお口に合った入れ歯を作り直すということが必要です。

入れ歯安定剤の役割から考える
入れ歯安定剤の種類と上手な選び方

入れ歯安定剤の形状は全部で4種類?それぞれの特徴を解説

粉末・クリーム・テープ・クッションの4種類

入れ歯安定剤の形状はいくつか種類があります。その一つとして粉末タイプの入れ歯安定剤があります。

これは、入れ歯に粉を振りかけて、水にぬらして口に入れます。だ液などの水分と混ざると粘着力が出て、安定剤の役割を果たします。

特徴は簡単に使用ができるということと、粘着力が強くないので、べたべたしません。従って、違和感が少ないものといえます。

また、クリームタイプの入れ歯安定剤があります。入れ歯と歯茎の間に塗って使用します。

粉末タイプよりも粘着力が強いのが特徴と言えます。

粉末タイプもそうですが、比較的入れ歯と歯茎の隙間が小さい、がたつきが少ない場合に利用します。

また、テープタイプの入れ歯安定剤があります。名前の通り、入れ歯の床の部分にテープを貼ってくっつけます。特徴は粘着力が強いことと、持ち運びに便利な点です。

またクッションタイプの入れ歯安定剤があります。

クッションタイプの入れ歯安定剤は、食べかすが入ったりしないので、痛みが他の入れ歯安定剤と比べて少ないと言えます。但し、デメリットとして歯茎が痩せてしまう影響があるので、当院ではお勧めしていません。

安定剤の上手な選び方とは?目的や症状に沿って安定剤のタイプを変える

このように入れ歯安定剤にはそれぞれ特徴があります。従って、どれがよいというわけではなく、自身に合った入れ歯安定剤を選ぶことが大切です。

一つの基準は入れ歯のがたつき具合が一つの基準になります。がたつきが小さい場合は粉末タイプが適していると言えます。ややゆるみがある場合は、テープタイプかクリームタイプが適しています。

但し、がたつきが大きい場合は、お口に合った入れ歯を再度作り直すことをお勧めします。

入れ歯が合わない時はどうすれば良い?早めに歯科医に相談しましょう

入れ歯は長期間使用していると合わなくなってくることがあります。

これは歯茎の形が入れ歯を作った時と比べて、形が変わっていることが原因です。

このような場合は再度入れ歯を作り直すことでその時の歯茎の状態に合った入れ歯を作ることで解決できることがあります。

できるだけ早めに歯科医に相談しましょう。

値段による入れ歯の違いは?

入れ歯にかかる値段の相場は?
自費治療・保険治療の自分目線でのコスパを意識して選択しよう

保険治療と自費治療の違いとは?
部分・総入れ歯におけるそれぞれのメリットデ・メリットを紹介

保険治療と自費治療の違いは、保険治療は決められた材料を使い、決められた工程、回数で入れ歯を作ります。したがって、部分入れ歯の場合も総入れ歯の場合も、保険治療の入れ歯はぴったりと合うものは作りにくくなります。材料もリーズナブルな価格、品質のものを使用しますので、分厚く大きくなってしまい、快適とは言いにくいものになる可能性があります。しかし、噛むという機能に関しては一定の機能を満たすことができますので問題ありません。

また、耐久性は高くないので、長期的に使用は難しく、数年に1回は再作成することが多いです。

しかし、費用としては1個当たり数万円以内に収まる価格で作成できますので、出費を抑えることができます。

一方自費治療の入れ歯は、どのような材料を使ってもかまいません。作り方も決められていませんので、どれだけ手をかけて入れ歯を作ってもかまいません。

自費の場合は、最先端の材料を使用することができます。また、治療時間をかけて作ることができますので、薄くぴったりとした完全にオーダーメイドの入れ歯を作ることがでるのです。しかも、材料は耐久性が高いものを利用しますので、長期的に使用することができます。

しかし、価格が数十万円以上はかかることがデメリットと言えます。

自費の入れ歯にもいろいろな種類があり、「シリコンデンチャー」や「スマイルデンチャー」「BPSデンチャー」といったものがあります。

保険治療の料金相場が低い理由。
決まった素材や製作パターンから選択するため値段を抑えられる

先に述べたように保険治療は法律で定められた材料と作り方で製作します。保険入れ歯の決められた材料とはプラスチックのことです。プラスチックは軽くて安く作ることができます。難点は、耐久性に欠けることと、においが付きやすいことです。

したがって、簡単に壊れないようにどうしても分厚く、大きく作ることになり、不快感の原因となります。

しかし、コストを抑えて作ることができるのがよい点です。

自費治療の料金相場が高い理由。
自分に最適な素材や手間をかけた製作工程により値段の幅が大きい

自費治療の入れ歯で使う材料は、特殊な強化プラスチックや金属を使った入れ歯となります。これらの材料は明らかに耐久性があり、長く使用することができるものです。また、小さく、薄く作ることができます。完全にオーダーメイドで作成しますのでぴったりと精密に製作できます、その結果どうしても費用は上がります。また使う材料によっても価格は変わりますので、1個当たり、数十万円~100万円程度の費用となる入れ歯もあります。

入れ歯の値段の違いは
目的の違いで決まる
自分が必要としている
治療目的から入れ歯を選択しよう

保険治療の素材や装着感について。
短期間で製作可能だが、素材や機能、見た目に限界がある

前述のとおり、保険治療の入れ歯はプラスチックで作ります。装着感は分厚く大きいのであまりよくはないです。これを小さく薄く作ろうとするとプラスチックですので簡単に割れてしまうからです。

こういったデメリットはありますが、はじめて入れ歯を作る方は保険治療の入れ歯をまず作り、入れ歯に慣れるということをお勧めしています。

また、保険の入れ歯を使っている方で、比較的なんでも食べられて不具合がないという方は保険の入れ歯でもよいと思います。

自費治療の素材や装着感について。
丈夫で装着感や機能に優れ、見た目も違和感が少ない

自費治療の入れ歯は保険治療の入れ歯よりも明らかにぴったりとしているので、食事もしやすく、話しやすいです。

自費治療の入れ歯をお勧めする場合は、保険の入れ歯で困っている、不具合がある、という方です。具体的には、痛い、食べられない、すぐに外れるという場合です。また、見た目が悪いのを気にされる方にもお勧めします。

何度も保険の入れ歯を作っても不具合が改善されないという方は、おそらくお口の状態、形態が保険の入れ歯では対応できない形状になっている可能性があります。

私たち歯科医院の言葉でいう「難しい症状」にあたります。

この場合は、保険の入れ歯でご満足いただける可能性は低いことがあるので、自費治療の入れ歯を検討されるとよいと思います。

ただし、たとえば、「シリコンデンチャー」という入れ歯は入れ歯の下にシリコンを貼りつける加工で、入れ歯の痛さを和らげる効果があるものです。一方「スマイルデンチャー」は金属のばねのない入れ歯で見た目を気にする方に適しております。また、「BPSデンチャー」は精密な入れ歯で、ぴったりとした入れ歯を作ることができます。

このように自費といっても目的によって適切な入れ歯は個人個人異なりますので、ご相談いただくとよいと思います。

保険適用と自費負担治療の違いについて

保険適応で費用を抑え、後悔しない入れ歯をつくるには?

保険適用と自費負担治療の違いとは?

歯医者などの病院を受診する際、保険診療か自費負担治療を選ぶことができます。

◎保険診療とは

保険診療は、治療費の1~3割を患者様が負担し、残りの7~9割を国や自治体などが負担するものです。
保険診療の目的は、国民全員が平等な治療を受けられるようにするシステムです。
ただし、指定された限られた材料のみでの治療しか認められていません。
この症状にはこの治療という、決まった方法で治療を行うのが保険診療です。
もちろん、保険診療でも充分な治療は行えますが、保険では、より効果があると分かっていても選択できない治療が多いのです。

◎自費負担治療とは

一方、自費負担治療は、制限のない治療法を選択できるなどの理由から治療費の全額を患者さまが負担する(=保険が適応されない)ものです。
例えば、美しさに焦点を当てた審美歯科で行われる治療の大半が、自費負担治療になります。
治療内容として美容目的を含んでいるためです。
日本の健康保険適用のルールとしては、生活に支障が及ぶ症状に対して、最低限の治療を施す際というのが、保険適用の条件になっています。
つまり、治療に美容目的を含んでいるため、最低限の治療という条件を満たしていないことになるのです。
入れ歯の場合ですと、保険の部分入れ歯を作る場合、入れ歯を固定するために金属の針金を使いますが、保険適用ではこれをプラスチックに変えることはできません。
プラスチックの見た目の良いもので作る場合は、自費負担治療となります。

治療後に気になるトラブルや疑問点について

入れ歯を作成したのちに重要なことは、定期的な検診に必ず来ていただくことです。
理由はお口の中の状態は常に変化しており、今は合っている入れ歯でも、お口の中の状態が変わってしまうと、合わない入れ歯になってしまうことがあります。
必ず、医院の指定する定期検診にお越しいただき、チェックを受けていただくことをお勧めします。

保険適応で費用を抑えて後悔しない入れ歯をつくるには、入れ歯を作ったのちに、そのまま使い続けるのではなく、定期検診にお越しいただくことです。
長期的に見れば、医療費も低く抑えることが可能になります。

保険適用治療について

治療期間や方法について

保険適用治療の治療期間と方法はおよそ決められています。
例えば、最初にAという治療を行ったのちには、Bという治療を実施し、その後Cという治療を行うということが決まっています。
したがって、AとBとCという治療を行うために、例えば2か月治療期間がかかります。ということになります。
例えば、Cという治療が医学上実施してもしなくともあまり変わりがなさそうだとしても、保険適用治療の場合は、一連の決められた治療を行う必要があります。
また、A治療とB治療を同日にはできないなどの細かな決まりがあります。

見た目や使用感、金属アレルギーについて

保険適用治療は、最低限必要な治療効果を目的としているため、見た目よりも治療効果を重視していると言えます。
例えば、保険の部分入れ歯を作ると、銀色の針金を使って歯にかけ、入れ歯が動かないように固定します。
このことにより、入れ歯が動かない効果は得られますが、銀色の針金部分が歯の外側に出るために、口を開けた時に入れ歯をしていることがわかることがあります。
このように見た目はあまり重視されていないと言えます。
使用感については、一定の使用感が得られるように作られます。一方、長期間使用することは想定されていないため、一定の期間使用し、その後再度作成することがあります。
耐久性には少し欠けると言えます。
保険適用治療は金属アレルギーに関して、以前はあまり考慮されていませんでしたが、徐々に考慮されるようになってきています。具体的にかぶせもの治療に関しては、以前は銀歯しかなかったものが、一定の条件を満たせば、徐々に白いプラスチックのかぶせものも適用されることが可能になってきています。
このことにより、金属アレルギーの問題をクリアできるようになってきています。
ただし、保険適用の白いかぶせものは金属よりも耐久性に劣るため、しばしば壊れるなどの問題点もあります。

保険適用の費用について

保険適用の入れ歯を作る場合の費用は、
入れ歯の歯の数が少ない場合、(1割負担)約2,500円(3割負担)約7,500円程度です。
入れ歯の歯の数が多い場合、(1割負担)約5,000円(3割負担)約15,000円程度となります。