値段による入れ歯の違いは?

入れ歯にかかる値段の相場は?
自費治療・保険治療の自分目線でのコスパを意識して選択しよう

保険治療と自費治療の違いとは?
部分・総入れ歯におけるそれぞれのメリットデ・メリットを紹介

保険治療と自費治療の違いは、保険治療は決められた材料を使い、決められた工程、回数で入れ歯を作ります。したがって、部分入れ歯の場合も総入れ歯の場合も、保険治療の入れ歯はぴったりと合うものは作りにくくなります。材料もリーズナブルな価格、品質のものを使用しますので、分厚く大きくなってしまい、快適とは言いにくいものになる可能性があります。しかし、噛むという機能に関しては一定の機能を満たすことができますので問題ありません。

また、耐久性は高くないので、長期的に使用は難しく、数年に1回は再作成することが多いです。

しかし、費用としては1個当たり数万円以内に収まる価格で作成できますので、出費を抑えることができます。

一方自費治療の入れ歯は、どのような材料を使ってもかまいません。作り方も決められていませんので、どれだけ手をかけて入れ歯を作ってもかまいません。

自費の場合は、最先端の材料を使用することができます。また、治療時間をかけて作ることができますので、薄くぴったりとした完全にオーダーメイドの入れ歯を作ることがでるのです。しかも、材料は耐久性が高いものを利用しますので、長期的に使用することができます。

しかし、価格が数十万円以上はかかることがデメリットと言えます。

自費の入れ歯にもいろいろな種類があり、「シリコンデンチャー」や「スマイルデンチャー」「BPSデンチャー」といったものがあります。

保険治療の料金相場が低い理由。
決まった素材や製作パターンから選択するため値段を抑えられる

先に述べたように保険治療は法律で定められた材料と作り方で製作します。保険入れ歯の決められた材料とはプラスチックのことです。プラスチックは軽くて安く作ることができます。難点は、耐久性に欠けることと、においが付きやすいことです。

したがって、簡単に壊れないようにどうしても分厚く、大きく作ることになり、不快感の原因となります。

しかし、コストを抑えて作ることができるのがよい点です。

自費治療の料金相場が高い理由。
自分に最適な素材や手間をかけた製作工程により値段の幅が大きい

自費治療の入れ歯で使う材料は、特殊な強化プラスチックや金属を使った入れ歯となります。これらの材料は明らかに耐久性があり、長く使用することができるものです。また、小さく、薄く作ることができます。完全にオーダーメイドで作成しますのでぴったりと精密に製作できます、その結果どうしても費用は上がります。また使う材料によっても価格は変わりますので、1個当たり、数十万円~100万円程度の費用となる入れ歯もあります。

入れ歯の値段の違いは目的の違いで決まる。
自分が必要としている治療目的から入れ歯を選択しよう

保険治療の素材や装着感について。
短期間で製作可能だが、素材や機能、見た目に限界がある

前述のとおり、保険治療の入れ歯はプラスチックで作ります。装着感は分厚く大きいのであまりよくはないです。これを小さく薄く作ろうとするとプラスチックですので簡単に割れてしまうからです。

こういったデメリットはありますが、はじめて入れ歯を作る方は保険治療の入れ歯をまず作り、入れ歯に慣れるということをお勧めしています。

また、保険の入れ歯を使っている方で、比較的なんでも食べられて不具合がないという方は保険の入れ歯でもよいと思います。

自費治療の素材や装着感について。
丈夫で装着感や機能に優れ、見た目も違和感が少ない

自費治療の入れ歯は保険治療の入れ歯よりも明らかにぴったりとしているので、食事もしやすく、話しやすいです。

自費治療の入れ歯をお勧めする場合は、保険の入れ歯で困っている、不具合がある、という方です。具体的には、痛い、食べられない、すぐに外れるという場合です。また、見た目が悪いのを気にされる方にもお勧めします。

何度も保険の入れ歯を作っても不具合が改善されないという方は、おそらくお口の状態、形態が保険の入れ歯では対応できない形状になっている可能性があります。

私たち歯科医院の言葉でいう「難しい症状」にあたります。

この場合は、保険の入れ歯でご満足いただける可能性は低いことがあるので、自費治療の入れ歯を検討されるとよいと思います。

ただし、たとえば、「シリコンデンチャー」という入れ歯は入れ歯の下にシリコンを貼りつける加工で、入れ歯の痛さを和らげる効果があるものです。一方「スマイルデンチャー」は金属のばねのない入れ歯で見た目を気にする方に適しております。また、「BPSデンチャー」は精密な入れ歯で、ぴったりとした入れ歯を作ることができます。

このように自費といっても目的によって適切な入れ歯は個人個人異なりますので、ご相談いただくとよいと思います。

東京 入れ歯