運営なか歯科クリニック

最新の入れ歯・義歯の種類(保険外の義歯)

最新の義歯の種類(保険外の義歯)

当院では総入れ歯・義歯の材質について、まず患者様のご希望をお聞きし、次にお口の中の状態や咬みあわせを検査させていただいた上でもっとも良いと思われる方法を提示させて頂きます。そして、最後に患者様に決めて頂いております。

【総義歯の種類】

精密レジン床義歯(BPSエステティックデンチャー)

bps01

BPSデンチャーはヨーロッパ発の入れ歯製作技術で、今までの義歯とは製作過程からまったく異なるフルオーダーメイドです。
歯科技工士の立ち会いのもと、お口の状態をチェックし、顎や筋肉の動き、噛み合わせや発音、笑顔のバランスなどを確認しながら製作していきます。
今までの義歯と大きく異なるのは、食べ物を噛んだ時の義歯の位置と力を完全に再現して製作できるということです。
当院院長はイボクラ・ビバデント社・BPSデンチャー認定歯科医師(BPS no.6692)です。

そのBPSデンチャーをさらに進化させたものが、当院で扱っている「BPSエステティックデンチャー」です。
BPSエステティックデンチャーは、文字通り「見た目の美しい入れ歯」です。 従来の入れ歯のように、機能(噛むこと・話すこと)はもちろん、見た目にも美しい入れ歯を作ることができます。
この入れ歯は特殊な技術が必要になり、どの医院でも作ることができるわけではありません。日本国内でも限られたわずかな歯科医院でしか提供されていません。
当院では、 I.D.T.デンタルラボラトリーという世界最高レベルの入れ歯専門の技工所と提携し、作成いたします。
http://www.esthetic-denture.com/


通常の入れ歯

BPSデンチャー

BPSエステティックデンチャー

BPSエステティックデンチャー

「入れ歯だということがわからないような入れ歯を」「天然歯により近い入れ歯を」という思いを込めて、美しい入れ歯を作ることを目指しています。
歯や歯ぐきの「色」「形」の忠実な再現を目指し、日々研究を重ねています。
また、見た目だけではなく、より吸着されるような技術面での工夫もされています。

BPSエステティックデンチャーとBPSデンチャー、保険の入れ歯の違い

BPSエステティック
デンチャー
BPSデンチャー保険の入れ歯
見た目★★★★★★★★
噛む機能★★★★★★★★★★
耐久性★★★★★★★★
入れ歯の材質★★★★★★★★★★★★
bps01

BPSデンチャーシステムによる精密な入れ歯は従来の入れ歯とは異なり、製作過程が綿密にシステム化されています。そのため製作者による品質のばらつきがなく、患者様に合った精密な入れ歯をご提供することができます。

bps02 bps03
bps02

歯科技工士が立ち会って口腔内の状態をチェックし、咬んだときにかかる力の具合や、義歯の動きまで正確に把握して、患者様に最適な義歯を製作させていただきます。

bps04 bps05

精密金属床義歯

BPS入れ歯・金属床

総入れ歯・義歯の床(下に当たる部分)を金属で製作するので、丈夫で長期使用でも割れづらく、また耐久性がよく、熱が伝わりやすいので、お食事の熱さや冷たさをそのまま感じることができます。
また、非常に薄いため違和感が少なく、しゃべりやすいです。

【部分義歯の種類】

コーヌス義歯

コーヌス義歯

金属バネのない見た目が入れ歯とわかりにくい入れ歯です。金属バネで固定する場合よりしっかりと固定されます。 義歯を小さくする事が可能なため違和感が少なくなります。

従来の入れ歯と異なり、コーヌス義歯は土台の歯にかぶせて固定するため、入れ歯がぐらぐらすることがほとんどありません。そのため、自分の歯のように違和感が少なくなり、硬いものを噛むのに抵抗がなくなります。

歯に均等な力がかかり、歯に無理な力がかからなくなるため、残っている歯が安定します。 コーヌス義歯に使用した歯を強固に固定することができ、ぐらぐらしている歯に対して特に有効です。

ばねを使用した入れ歯は横の方向に力がかかりますが、コーヌス義歯は縦方向に力がかかるようになり、隣の歯に対して優しい構造になっていますので、より歯が長持ちします。

土台となる歯を小さくシンプルな形に削るため、歯みがきがしやすく細菌などが溜りにくくなり、歯周病になりにくいです。

コーヌス義歯自体がほとんど動かないため、歯茎がやせることがありません。そのため、痛みや違和感なく長持ちして使用できます。また、義歯全体を小さくすることも可能であるため、違和感が少なくなります。

入れ歯自体に壊れにくい材質を使用し、隣の歯とひっかけるばねを使用しないことによって、コーヌス義歯自体が長持ちします。

一般的な入れ歯だと1年から2年で使えなりますが、コーヌス義歯は修理を継続的に使用することで5~10年使えるようになります。患者様によっては修理を重ね、約20年ご使用いただける方もいらっしゃいます。

症例

主訴:古くなった入れ歯を作り直したい(女性:55代)

結果:コーヌス義歯の作成を行いました。

作製した装置
治療後
装着前

装着前

装着後

装着後

症例

主訴:食事がとれるようになりたい。(男性:60歳)

治療:上顎をコーヌス義歯にて治療しました。

上顎
治療前

治療前

治療後

治療後

装着後

装着後

精密金属床義歯

金属床義歯

土台(床)の部分が金属の入れ歯が金属床です。土台がレジン(プラスチック)の保険の入れ歯は厚みで強度を確保しますが、金属床の場合は強度に優れた金属のため、薄くて軽い快適な入れ歯を製作することができます。違和感が少ないだけでなく、金属の優れた熱伝導率により食べ物の温度を敏感に感じることができ、今までのような食感を楽しむことができます。また、適度な密着感により会話も楽になります。

スマイルデンチャー

バネのない入れ歯です。(金属を使用していない入れ歯です)
スマイルデンチャー

見た目にも気付かれにくく装着感にも審美的にも優れています。
調整が困難というデメリットがあり、どこの医院でも出来る。というものではありません。
金属アレルギーの方にも安心してご使用して頂ける入れ歯です。
当歯科医院で作製させていただくノンクラスプデンチャーは日本国内で作られるものです。

コンフォート

生体用シリコンが義歯のレジン部分と自分の歯茎の間に挟むようにしてクッション材のようにして使用する義歯です。

歯茎へのフィット感が増すので義歯特有の痛みを和らげることができ、強く噛みしめられるので固い物でも美味しく食べることが出来ます。
歯茎との密着度が高いのでズレたり剥がれたりする事が少なく、シリコンは体に優しいという特性がありますので体にも優しい義歯という事が出来ます。

Copyright (C) 2012 東京・練馬精密入れ歯・義歯相談室. All Rights Reserved.