最新の入れ歯・義歯の種類(保険外の義歯)

最新の義歯の種類(保険外の義歯)

当院では総入れ歯・義歯の材質について、まず患者様のご希望をお聞きし、次にお口の中の状態や咬みあわせを検査させていただいた上でもっとも良いと思われる方法を提示させて頂きます。そして、最後に患者様に決めて頂いております。

最新の入れ歯「コンフォート」シリーズを導入しました

痛みが少なく力強くかめる

通常、入れ歯の硬いプラスチックでできた歯茎に当たる面を、特殊な柔らかさが持続するシリコーンのクッションが、 入れ歯の歯ぐきにかかる圧力を軽減し、噛んだときの痛みをやわらげます。

コンフォートは固いプラスチックを使用していません。柔らかさが持続する特殊なシリコンがクッションとなり、入れ歯から歯茎にかかる圧力を軽減して痛みをやわらげます。

固い物を食べてもしっかりと噛めるので、何を食べても美味しく噛めることが出来ます。

外科的な手術を行いません

やわらかいクッションをあなただけに合わせてお作りします。

コンフォートの使用する時に、外科的手術は不要です。

骨に埋入するなどの不安は一切ありませんので、安心してどなたでも使用できます。

コンフォートはオーダーメードで、お一人おひとりに最適なものをその都度お作りしています。

やわらかいクッションと美しい歯を組み合わせた、快適な入れ歯です。

安定感抜群の固定方法

お口の中の形状がそのまま柔らかいシリコンの形にしてフィットさせるのでシリコンの柔らかさ、弾力が吸い付くように張り付きます。

顎の動き(縦だけでなく横も)に合わせて粘り強い吸着性を発揮します。

誰かと話したり、食事中に入れ歯が外れたりずれたりする事が少なくなり安定します。

シリコンがフィットしているので細かい食べ物が挟まって痛いなどの不快感もほとんどなく安心して食べる事が出来ます。

専門の職人によるオール手作り
全てオーダーメードです

コンフォートは完成まですべて専門の職人による手作りです。

お一人おひとりのお口の形状に合わせて精密に作りこみます。

独自開発のシリコンは歯茎の粘膜の柔らかさに限りなく近く、低負担です。

保険の入れ歯にはフィット感が少ない、痛い、咬み締めないなどという悩みや不満を持たれる方がいらっしゃいます。

コンフォートシリーズは全て独自のシリコンを特殊加工して作り上げているのでこのような悩みや不満はほとんどありません。

口腔粘膜の弾性率(やわらかさ)が0.66?4.36MPaに対して、コンフォートの弾性率は、薄い粘膜に近い0.82MPaのやわらかさです。

お口の中の負担を可能な限り少なくしながらも美しく快適な生活をお届けしています。

【総義歯の種類】

コンフォートコンプリート

こんな方へおススメです
総入れ歯のゆるみをピッタリ吸着

歯茎にあたる部分全体を特殊なやわらかいシリコーンのクッションが覆っており、グッと噛み締めた際の痛みを緩和します。

また、シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生みだして、噛むときに起こる入れ歯の様々な動きに強い吸着 力を生み出すことで総入れ歯にありがちなゆるみを緩和します。

食事の際の細かな食べかすが入れ歯と歯茎の間に入りにくくなります。

総入れ歯のゆるみやズレを吸い付くようにフィット

歯茎にあたる部分は特殊なシリコンが覆っているので噛みしめた時の痛みを大幅に緩和します。このシリコンは柔らかくお口の形にフィットするのでズレやゆるみがほとんどありません。

このシリコンは弾力性そのものが吸盤のようになってお口の動きを吸収して噛む力を生み出し、快適な装着感へ繋がります。

吸盤のような密閉性は食事の時の食べかすなども入る事が出来ないので、痛みを生み出す事がとても少なくなります。

金属を有効活用して丈夫で違和感が少ない
(※金属使用時)

歯茎の粘膜が当たる部分にうすい金属を使用しています。その為、食べ物の熱などを感じやすく違和感が軽減してお食事の楽しさが戻ってきます。

金属が入れ歯全体の強度を上げるので壊れることが少なくなりますので安心してご使用いただけます。

精密レジン床義歯(BPSエステティックデンチャー)

bps01

BPSデンチャーはヨーロッパ発の入れ歯製作技術で、今までの義歯とは製作過程からまったく異なるフルオーダーメイドです。
歯科技工士の立ち会いのもと、お口の状態をチェックし、顎や筋肉の動き、噛み合わせや発音、笑顔のバランスなどを確認しながら製作していきます。
今までの義歯と大きく異なるのは、食べ物を噛んだ時の義歯の位置と力を完全に再現して製作できるということです。
当院院長はイボクラ・ビバデント社・BPSデンチャー認定歯科医師(BPS no.6692)です。

そのBPSデンチャーをさらに進化させたものが、当院で扱っている「BPSエステティックデンチャー」です。
BPSエステティックデンチャーは、文字通り「見た目の美しい入れ歯」です。 従来の入れ歯のように、機能(噛むこと・話すこと)はもちろん、見た目にも美しい入れ歯を作ることができます。
この入れ歯は特殊な技術が必要になり、どの医院でも作ることができるわけではありません。日本国内でも限られたわずかな歯科医院でしか提供されていません。
当院では、 I.D.T.デンタルラボラトリーという世界最高レベルの入れ歯専門の技工所と提携し、作成いたします。
http://www.esthetic-denture.com/


通常の入れ歯

BPSデンチャー

BPSエステティックデンチャー

BPSエステティックデンチャー

「入れ歯だということがわからないような入れ歯を」「天然歯により近い入れ歯を」という思いを込めて、美しい入れ歯を作ることを目指しています。
歯や歯ぐきの「色」「形」の忠実な再現を目指し、日々研究を重ねています。
また、見た目だけではなく、より吸着されるような技術面での工夫もされています。

BPSエステティックデンチャーとBPSデンチャー、保険の入れ歯の違い

BPSエステティック
デンチャー
BPSデンチャー保険の入れ歯
見た目★★★★★★★★
噛む機能★★★★★★★★★★
耐久性★★★★★★★★
入れ歯の材質★★★★★★★★★★★★
bps01

BPSデンチャーシステムによる精密な入れ歯は従来の入れ歯とは異なり、製作過程が綿密にシステム化されています。そのため製作者による品質のばらつきがなく、患者様に合った精密な入れ歯をご提供することができます。

bps02 bps03
bps02

歯科技工士が立ち会って口腔内の状態をチェックし、咬んだときにかかる力の具合や、義歯の動きまで正確に把握して、患者様に最適な義歯を製作させていただきます。

bps04 bps05

精密金属床義歯

BPS入れ歯・金属床

総入れ歯・義歯の床(下に当たる部分)を金属で製作するので、丈夫で長期使用でも割れづらく、また耐久性がよく、熱が伝わりやすいので、お食事の熱さや冷たさをそのまま感じることができます。
また、非常に薄いため違和感が少なく、しゃべりやすいです。

【部分義歯の種類】

コンフォートソケット

こんな方へおススメです
手術も歯を削る事もしない

インプラントは力強く噛める事や見た目の美しさが特徴ですが、骨にインプラントのネジを埋め込む外科手術が必要ですので怖さや術後の経過への不安がつきまといます。

一方、ブリッジは失った歯の両側にある健康な歯を削り、ブリッジの台にしなければならないのでお口の中の歯全体の寿命を縮めてしまい、非常にもったいないという特性があります。

コンフォートではネジを埋め込むような外科手術もなく他の歯を削る事も無いので安心かつ負担の少ない治療法です。

期間も約半月で完成するので、すぐに早く装着したいという方にもおススメできます。

お口の状態によって歯を削る必要がある場合がございます

最短で2回のご通院で完成する事が出来ます
軽くて目立ちづらい、やさしいつけ心地

インプラントのような外科手術や歯を削りながら調整するブリッジと異なり、通常は最短2回の通院でお口にセットする事が出来るので歯が抜けてしまってお急ぎの時やネジを埋め込んだり健康な歯を削る事が無いので最初に選択できる治療方法です。

コンフォートソケットは歯茎と同じ材質を使用しているのでとても自然で目立ちづらいという特徴があります。

コンフォートは噛み締めることが出来るやわらかいクッションやとても軽い材質が特徴です。

装着した時の「しっくり感」や噛みしめた時の「しっかり感」を感じることが出来ます。

ご通院の期間はお口の状況によって異なります。詳しくは医院にてお尋ねください

コンフォートコネクト

こんな方へおススメです
口を開けても入れ歯が目立たず美しい しっかりと噛める

保険の入れ歯など、通常は金属のバネで入れ歯を固定しています。

その金属が口を開いた時に見えてしまい、気になって人前で話す事を避けたいと思う事があります。

コンフォートコネクトは、まず歯茎と同じ色のシリコン素材を使用しているのでお口を開けてもとても自然で目立ちません。

その特殊シリコンが咬む力を伝えることが出来るので力強く噛みしめられて楽しくお食事をしていただけます。

3本以上歯を失ってしまった方へ

上下いずれかの歯で、奥歯・前歯どの部分でも3本?13本まで歯を失った場合に幅広くご利用が可能です。 (※親知らずを除く)

1・2本の歯を失った方はコンフォートソケット、総入れ歯はコンフォートコンプリートを、特殊な設計の入れ歯にはコ ンフォートユアーズをご利用ください。

コーヌス義歯

コーヌス義歯

金属バネのない見た目が入れ歯とわかりにくい入れ歯です。金属バネで固定する場合よりしっかりと固定されます。 義歯を小さくする事が可能なため違和感が少なくなります。

従来の入れ歯と異なり、コーヌス義歯は土台の歯にかぶせて固定するため、入れ歯がぐらぐらすることがほとんどありません。そのため、自分の歯のように違和感が少なくなり、硬いものを噛むのに抵抗がなくなります。

歯に均等な力がかかり、歯に無理な力がかからなくなるため、残っている歯が安定します。 コーヌス義歯に使用した歯を強固に固定することができ、ぐらぐらしている歯に対して特に有効です。

ばねを使用した入れ歯は横の方向に力がかかりますが、コーヌス義歯は縦方向に力がかかるようになり、隣の歯に対して優しい構造になっていますので、より歯が長持ちします。

土台となる歯を小さくシンプルな形に削るため、歯みがきがしやすく細菌などが溜りにくくなり、歯周病になりにくいです。

コーヌス義歯自体がほとんど動かないため、歯茎がやせることがありません。そのため、痛みや違和感なく長持ちして使用できます。また、義歯全体を小さくすることも可能であるため、違和感が少なくなります。

入れ歯自体に壊れにくい材質を使用し、隣の歯とひっかけるばねを使用しないことによって、コーヌス義歯自体が長持ちします。

一般的な入れ歯だと1年から2年で使えなりますが、コーヌス義歯は修理を継続的に使用することで5~10年使えるようになります。患者様によっては修理を重ね、約20年ご使用いただける方もいらっしゃいます。

精密金属床義歯

金属床義歯

土台(床)の部分が金属の入れ歯が金属床です。土台がレジン(プラスチック)の保険の入れ歯は厚みで強度を確保しますが、金属床の場合は強度に優れた金属のため、薄くて軽い快適な入れ歯を製作することができます。違和感が少ないだけでなく、金属の優れた熱伝導率により食べ物の温度を敏感に感じることができ、今までのような食感を楽しむことができます。また、適度な密着感により会話も楽になります。

スマイルデンチャー

バネのない入れ歯です。(金属を使用していない入れ歯です)
スマイルデンチャー

見た目にも気付かれにくく装着感にも審美的にも優れています。
調整が困難というデメリットがあり、どこの医院でも出来る。というものではありません。
金属アレルギーの方にも安心してご使用して頂ける入れ歯です。
当歯科医院で作製させていただくノンクラスプデンチャーは日本国内で作られるものです。

コンフォート

生体用シリコンが義歯のレジン部分と自分の歯茎の間に挟むようにしてクッション材のようにして使用する義歯です。

歯茎へのフィット感が増すので義歯特有の痛みを和らげることができ、強く噛みしめられるので固い物でも美味しく食べることが出来ます。
歯茎との密着度が高いのでズレたり剥がれたりする事が少なく、シリコンは体に優しいという特性がありますので体にも優しい義歯という事が出来ます。