入れ歯安定剤とは?

入れ歯安定剤の役割からメリット・デメリットを紹介

入れ歯安定剤の役割とは?入れ歯を固定するためのもの

入れ歯安定剤の役割は、入れ歯が合わずにぐらついてしまうとき、痛みが発生するときに、そのぐらつきや痛みを緩和させるための、柔らかい固形状のジェルのようなものです。

ある程度、粘着するので、入れ歯が合わない場合でも緩衝材の役割を果たし、歯茎と入れ歯を固定させることができます。

噛む力が強くなる?入れ歯安定剤のメリットについて

入れ歯安定剤を使用することで、使用しないよりもしっかりとかめるようになります。このことにより、より強く噛めるというメリットがあります。

歯茎への影響はある?入れ歯安定剤のデメリットについて

入れ歯安定剤を使用してかめるようになったとしても、それは実際には合っている入れ歯を入れているということにはなりません。

従って、安定剤を常に使用する必要性がありますので、一時的に使用するものと考え、基本的にはお口に合った入れ歯を作り直すということが必要です。

入れ歯安定剤の役割から考える
入れ歯安定剤の種類と上手な選び方

入れ歯安定剤の形状は全部で4種類?それぞれの特徴を解説

粉末・クリーム・テープ・クッションの4種類

入れ歯安定剤の形状はいくつか種類があります。その一つとして粉末タイプの入れ歯安定剤があります。

これは、入れ歯に粉を振りかけて、水にぬらして口に入れます。だ液などの水分と混ざると粘着力が出て、安定剤の役割を果たします。

特徴は簡単に使用ができるということと、粘着力が強くないので、べたべたしません。従って、違和感が少ないものといえます。

また、クリームタイプの入れ歯安定剤があります。入れ歯と歯茎の間に塗って使用します。

粉末タイプよりも粘着力が強いのが特徴と言えます。

粉末タイプもそうですが、比較的入れ歯と歯茎の隙間が小さい、がたつきが少ない場合に利用します。

また、テープタイプの入れ歯安定剤があります。名前の通り、入れ歯の床の部分にテープを貼ってくっつけます。特徴は粘着力が強いことと、持ち運びに便利な点です。

またクッションタイプの入れ歯安定剤があります。

クッションタイプの入れ歯安定剤は、食べかすが入ったりしないので、痛みが他の入れ歯安定剤と比べて少ないと言えます。但し、デメリットとして歯茎が痩せてしまう影響があるので、当院ではお勧めしていません。

安定剤の上手な選び方とは?目的や症状に沿って安定剤のタイプを変える

このように入れ歯安定剤にはそれぞれ特徴があります。従って、どれがよいというわけではなく、自身に合った入れ歯安定剤を選ぶことが大切です。

一つの基準は入れ歯のがたつき具合が一つの基準になります。がたつきが小さい場合は粉末タイプが適していると言えます。ややゆるみがある場合は、テープタイプかクリームタイプが適しています。

但し、がたつきが大きい場合は、お口に合った入れ歯を再度作り直すことをお勧めします。

入れ歯が合わない時はどうすれば良い?早めに歯科医に相談しましょう

入れ歯は長期間使用していると合わなくなってくることがあります。

これは歯茎の形が入れ歯を作った時と比べて、形が変わっていることが原因です。

このような場合は再度入れ歯を作り直すことでその時の歯茎の状態に合った入れ歯を作ることで解決できることがあります。

できるだけ早めに歯科医に相談しましょう。