入れ歯とインプラント比較!自分のライフスタイルにあった治療法

インプラントと入れ歯はどちらが良い?
抜歯後の治療

入れ歯のメリット・デメリットとは?

入れ歯のメリットは、インプラントと比較して治療に失敗するリスクが少ないことです。お口の状態に合うように作っていきますので、最終的にはお口に合う入れ歯を作ることができます。

デメリットは、部分入れ歯の場合、残っている歯に金属の留め金をかけますので、その歯に負担をかけることになります。

ブリッジのメリット・デメリットとは?

ブリッジのメリットは、人工の歯を固定して装着しますので、比較的、自分の歯と同じような使い方ができることです。

デメリットは、残っている歯を削ってかぶせる必要があることと、2本の歯で3本分の歯にかかる力を支えますので、残っている歯に負担をかけることです。

インプラントのメリット・デメリットとは?

インプラントのメリットは、自分の歯と全く同じような使い方ができることです。また見た目も天然の歯と同じような見た目になります。

デメリットは外科処置を伴うことと入れ歯やブリッジと比較して費用がかかることです。

入れ歯とインプラントはどちらがおすすめ?
自分にあった治療法

体への負担を少なくするなら入れ歯がおすすめ

インプラントは必ず手術を行う必要があります。体への負担があると言えます。また、インプラントの場合、一度手術を行ってしまうと、治療のやり直しをすることができません。

入れ歯は、自分の歯に合うように手直しをしながら作ることできますので、失敗をしてしまうリスクが低いと言えます。

利便性や快適さを求めるならインプラントがおすすめ

入れ歯はどんなにぴったりとしたものを作っても一定の違和感を全く無くすことができません。インプラントは殆ど自分の歯と同じような感覚で食事ができますので、最も快適な感覚を得られると言えます。

きれいで健康な歯を保つには?
定期的に検診

いつまで使える?入れ歯やインプラントの寿命

入れ歯もインプラントも人工物ですので、一度治療したからと言って、一生涯利用できるものではありません。

また、使い方やメンテナンスによっては、すぐにダメになってしまうこともあれば、数十年使用し続けることもできます。

従って、医院が指定する定期検診を必ず受診することが大切です。

お口のトラブルを回避するには?かかりつけ医で検診

お口の中の状態は日々変化しており、一度よい入れ歯を作ったとしても、その後合わなくなることがあります。また、残っている歯をできるだけ健康な状態で維持することが大切です。そのためには定期的な口腔内のクリーニングを行う予防歯科を受診することが必要です。つまり定期検診を必ず受診することが、治療を再度受けないようにするための方法と言えます。