入れ歯・ブリッジ比較
抜歯後の治療について

入れ歯・ブリッジ・インプラント比較
あなたに合った治療法は?

入れ歯のメリット・デメリットについて

入れ歯のメリットは、基本的にはどのような歯の状態でも、作製、治療ができることがあげられます。また取り外しができることによって、清掃が簡単にできることがあげられます。

デメリットは、針金を横の歯にかけて固定することで、隣の歯に負担がかかってしまうことがあげられます。

ブリッジのメリット・デメリットについて

ブリッジのメリットは固定式のかぶせ物で治療を行うことで、比較的自分の歯と同じように使うことができます。

デメリットは健康な歯を削る必要があること、3本のブリッジの場合、2本のはで3本分の力を支えることになりますので、どうしても歯の負担が大きくなります。

インプラントのメリット・デメリットについて

インプラントのメリットは最も自分の歯と同じような感覚で使用できることがあげられます。

デメリットは保険適用ではないため、費用がかかってしまうことです。

入れ歯も進化している。最新入れ歯を紹介

金属アレルギーでも安心。バネのない入れ歯

バネのない入れ歯というのは、実際にはバネはあるのですが、バネの部分を金属ではなく、強化プラスチックで作成することで、目立たないように作成した入れ歯のことです。

ノンクラスプデンチャーという言い方をすることもあります。

見た目もきれい。マグネット式義歯

マグネット式義歯というのは、入れ歯の下の部分に磁石を取り付けたものになります。また、歯ぐきの上の数か所にも磁石を取り付けます。そうすると、入れ歯を入れた時に固定され、動きにくくなります。

なお、この磁石は人体に影響がないことが報告されています。

天然歯により近い入れ歯。精密レジン床義歯

精密レジン床義歯とは、保険の入れ歯のような一般的な入れ歯を作る工程よりもさらに多い工程で入れ歯をより精密につくる方法です。

例えばお口の型どりなどもより精密に型どりすることでぴったりとした痛くない入れ歯を作る方法があります。

BPSデンチャーと呼ばれるものが、精密レジン床義歯の種類と言えます。

長く健康に使用するために。入れ歯のメンテナンスについて

お口の健康維持が入れ歯を長く使うこつ。

入れ歯を長く使うためには、できるだけ残った歯を維持することが大切です。

残った歯が虫歯になったり、抜いたりすると、今の入れ歯が使えなくなってしまうからです。

そのためには、日々の自宅でのケア、歯みがきと、医院での定期的な健診、歯のクリーニングを受けていただくことが必要です。

口やあごの骨の形は日々する。入れ歯は定期的な調整が必要

歯がない部分の歯ぐきは徐々に痩せてくる傾向があります。歯ぐきの形が変わってくると、入れ歯が徐々に合わなくなってきます。

当院ではそのような場合には、入れ歯の修理を行い、また安定した入れ歯として使えるようにしています。(入れ歯の修理は費用が別途かかります。)